Splatoon2 先行試射会感想等

ニンテンドースイッチが発売され、スプラトゥーン2の試射会も開催されましたね。



一応2日間合計6回全て参加しました。
殆どスプラシューターのみでしたが、感想をば。



138.png

ブキの種類は
スプラシューター
スプラローラー
スプラチャージャー
スプラマニューバ
の合計4つ。

スペシャルウエポンは全て変わっています。
総替えです。




スプラシューター
・一番平均的なブキの代表格は2になっても変わらず、とても使いやすい。
・マルチミサイルで「一時的に相手の場所がまるわかり(使用者のみ)」なので結構強い。
・使い勝手がいい為か、試射会が進むにつれ殆どのプレイヤーがこのブキに。


スプラローラー
・ジャンプ振りが縦振りに変わった部分がやっぱり一番大きい。
 ジャンプキルを狙うのにエイム力がより求められるようになった。
・転がしての移動は少しずつ移動速度が速くなる・・・らしいが、
 ステージが狭いのでコロコロする余裕がそんなにないイメージ。
・チャクチは奇襲向け。真正面の撃ち合いでは引き撃ちでいい的と化す。


スプラチャージャー
・(私がヘタクソなので)チャージ維持の恩恵が分からなかった(ごめんね)
・ハイパープレッサーは使い勝手難しいけど慣れると強い(と思う)、確殺じゃないけど
 今作のインク溜まりダメージが 前作と違うので割りとキル取れる。
 後、壁貫通=貫通した向こう側の壁にインク塗れてるので壁登りの妨害等にも役立ちそう?
・射程等は特に変更なし、ただステージが何故か見づらいのでマップ把握が徹底的に必要なのは前作と変わらず。


スプラマニューバ
・塗性能はモデラーよりもシャプマ寄り。まっすぐ塗れる。
・キル性能は「少し連射の早いシューター」といったイメージ。キル専用と言う訳ではなさそう。
・撃ちながらジャンプボタンを押すとスライドして緊急回避みたいになる=ジャンプ撃ちが出来ないっぽい。
・スライドした時の距離感をプレイヤーが分かっていないと、ただのいい的になる。要練習。
・カーリングボムは「当たっただけでは爆発しない」ので注意。爆破までの調整が必要。つまり要練習。
 使い慣れるとトリッキーな動きをして敵をキル出来る。
 壁を弾くから避けたと思ったら後ろから迫ってきてボン!ってのが多かった。
・ジェットパックはとにかく使いづらい。これも慣れるまで要練習になる。
 慣れると隠れてる敵の所まで(段差関係なく)侵入し、キルを狙える。
 ただし、隙だらけなので逆にキルされる事も結構ある。



マップ等の全体的に感じたこと
・インク溜まりダメージが前作と違うように感じた。
 前作はじわじわっとダメージ&すごく小さいインク溜まりなら大丈夫みたいな感じだったのに対して、
 一瞬でダメージ50%ぐらい持っていかれる上に少しのインク溜まりでもダメージが入るように。
 安全シューズが2で存在するのかどうかまだ分からないけど、もし存在するなら安全シューズは
 ほぼ必須と言えるぐらいのギアになると思う。
・マップが全体的に見づらい?無印が思ってたよりもスッキリしたマップデザインだったためか、
 2のマップのゴチャっと具合からか視野が悪く感じる。マップ把握と一緒に慣れる必要があるかも知れない。
・ジャンプがBボタンになった事(特にジャイロ切り勢)からスティックを用いた視点変更は難しくなった
 (付属コントローラー使用)Yボタンの駆使が必要に。
・相手のデスがわかりやすくなった。
 無印では相手のデスはキルしてないプレイヤーからだと分かりづらかったけど、
 2ではデスしたプレイヤーの名前が少しの間その場所に出るっぽい。
・壁、木等の塗りにはポイントが入らないのは無印と同じ。
・今試射会のステージが両方ともに入り組んでいる&狭めだったので復帰が凄く早かった。
 その分乱闘も多かった。
 悠長にコロコロしてられない&侵入口固めてないとあっという間に侵入されて荒らされる。
 広いステージあるのかな。



いろいろ感じたけどザックリとこんな感じかしら。

ああでもなんだかんだ楽しかったです。

137.png

無印と変わらずステージの周囲の作りも凝っていて、見てるだけでも楽しいです。
散歩が待ち遠しいですね。










139.png

また、スイッチはいつでもSSが撮れるので結果等を後からTwitter等に貼り付ける事も可能に。
これは本当に嬉しいですね!
テキスト入力を選べばテキストも入れれるので、こんなふうに他プレイヤーの名前を隠す事も可能です。
(2回に分けて編集する必要がありますが)





今回の試射会は無印の時と違い、「先行」なのでこれからどんどんテコ入れが来ると思いますし、もしかしたらまた別の日程で試射会が来るかもしれませんね。
楽しみです。








ただ、私自身は現在妊娠中で2発売する頃には子育て真っ只中なのでプレイは殆ど出来ないと思いますが。
(そのために今回ガッツリ試射会楽しみました)

テーマ : スプラトゥーン
ジャンル : ゲーム

ラストフェス

まずはこれを見てくれ。



修正パッチ2



ダイナモ更に弱体化。

やってくれたな・・・任〇堂さん・・・!!!
ただでさえダイナモ弱体はかなり効いてたのに、更に弱体したか。
これはなかなか酷い。

イカとバリアも弱体したとはいえ、上方修正も込みなのでまだマシかなって感じだけど・・・。
ガチしない勢からしたらダイナモの弱体はただただとんでもない下方修正になっただけですな。

さあ、これでダイナモ使いがどれだけ減るか・・・。






かくいう私は銀モデラー使いなので、影響も何もないのですが。
むしろ前回の上方修正のインクの飛び散りを抑えるっていうやつ・・・あれを実感はしつつも塗りづらくなった気がしてならない。

キルしやすくなったろって?
バカ言え、モデラーはゼロ距離で奇襲だろ。飛び散りもクソもあるかよ。












それよりもこれですよ。







やりやがったな・・・!?任〇堂!!!

これはダメだよ!この戦争はダメだよ!!!

シオカラーズは二人でシオカラーズだというのに・・・ひどいよ、選べないよ・・・(´;ω;`)
恐らくいつも一緒にイカしてる友人は綺麗にアオリちゃんとホタルちゃんで分かれそうなのですが。
ううううーん・・・どうしよう(;´Д`)大変悩ましいです。



しかし、ラストフェスなのはいいのですが、これからはスーパーサザエの入手ルートはなくなってしまうのでしょうか。
それが気になる。


さらに言うならフェス中は馴れ合いも煽りも殆どいなくてストレスほぼフリーで遊べたので、大変残念です(´・ω・`)
まあ、普通にレギュラー行ってもマッチングする人達ほぼ全員ウデマエがS~S+ばっかりだから、煽りも馴れ合いも少ない方なんだけどもね。
ウデマエランク高い方々は本気でゲームしてくれるので大変楽しいです。




ラストフェス、頑張っていきまっしょい!

テーマ : スプラトゥーン
ジャンル : ゲーム

スプラトゥーン近況

CIHCvVTUMAA0PXV.jpg

自分が描いたやつがこうやって壁に出るとなんだか小っ恥ずかしいですね。



イカ、よろしく~

続きを読む

テーマ : スプラトゥーン
ジャンル : ゲーム

完成披露試射会アンコールの悲劇

鯖がタコに乗っ取られたとか
鯖にイカが捕食されたとか
大変でしたね・・・(´Д`;)
7時13分頃に公式で発表がありましたが、実際にはもっと早い段階で鯖が落ちたっぽいっすね。
まあ、1hの延長が来たのでまだヨシとしますが。

9時半から仕事だったので、ギリギリ最後まで遊べなかったのですが、とても楽しかったです(*´ω`*)




結構上手な方が増えてきて、ボコボコにやられたりもしましたが、楽しかった。
相変わらずローラーで遊んだのですが、やっぱ塗るのが一番楽なのでローラーが好きです(*´ω`*)
だいぶ壁にも濡れるようになったし(指南動画のおかげだね!)
発売まで後4日!
楽しみで仕方がないですね。


やりたい禁断症状が今回の試射会で落ち着くと思ったのに、余計禁断症状出ましたぞ。

後、可能なら任天堂様!!
鯖の強化をよろしくお願いします!!!
発売当日ヤバイことになるんじゃなイカ!?

テーマ : スプラトゥーン
ジャンル : ゲーム

完成披露試射会 アンコールに備えて

1_20150517133543380.png

アンコールおめでとう!!!!!(^ω^)


待ち望んだ方は数しれず。
任天堂様のご慈悲で救われた中毒者達がアップを始めたようですね。



私も試射会3回共参加しましたが、本当中毒性の高いゲームでした・・・。
早く、早くやりたい!!!

やりたすぎて彼氏に中古のWiiUを贈ったレベルです(^ω^)
数ヶ月速い誕生日プレゼントだ!受け取れ!!




久しぶりのブログ更新ですが、この辺で。

せっかくなんで試射会3回した時の武器の使用感でも書き残しときますね。

早く試射会アンコールの日にならないかなぁ(^ω^)
発売日が待ち遠しいです!

続きを読む

     
カウンタ
中の人のスペック

ヒリュウ@いちみ

Author:ヒリュウ@いちみ
ゲームするのが好き


ROアイコン2
ROはVali鯖にて2007.3末開始
メインは多分支援AB


アイコン用
2016年8月24日よりライマ鯖にてプレイ開始
ドクター志望のクレとサイコキノWIZ


MHはP3~クロス、Fは未プレイ

最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RO著作権
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © 2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ラグナロクオンライン公式サイトへ